Rambuuu

音楽でRambuuu(乱舞)する。海外インディーを中心にアーティストの紹介、レビュー

11008299_785427654844055_917070704_n.jpg
Photo via:abphy


どーも皆さん!
見る前に飛べ踊れ」で書けてなかった期間のを書いときます。
12月から2月くらいまでに出た作品でよく聴いたのを若手中心に23組。
だいぶ溜めていた分、量が多いため簡単な説明になってしまいますがご了承を。
では行きましょう!



Aaron Abernathy「Monologue」

Monologue

クリーヴランド出身のシンガー「Aaron Abernathy」の初のフルアルバム。
「プリンスやディアンジェロの系譜を継ぐ新たなスター」なんて紹介されてる彼。ディアンジェロなんかと比べるともっと無邪気なサウンドと言うか自由な感じ。キラキラしてる。

Aaron Abernathy - Favorite Girl Video
https://youtu.be/fT3pWtWjbmw







Aiming For Enrike「Segway Nation」

Segway Nation

ノルウェーのマスロックデュオ「Aiming For Enrike」。
ぶっ飛ぶやつ。LIGHTNING BOLTやBATTLES好きにはマスト。
ついこないだまで来日してました。もう帰ったかな?

Spotify

Aiming For Enrike - Newspeak
https://youtu.be/LH1KNXXSRPo







Age Coin「Performance」

Performance [12 inch Analog]

デンマークのポスト・パンクバンドLOWERのメンバーであるKRISTIAN EMDALとSIMON FORMANNによる「AGE COIN」。
危険な感じがムンムン、インダストリアルなディープ・ミニマル。これはアートに近い。グイグイと暗闇に引き込まれるような。そんな感覚。

Spotify

Age Coin - Raptor
https://soundcloud.com/poshisolation/age-coin-raptor







Ben Varian「Quiet Fill」

Quiet Fill

テネシーを拠点にするシンガー「Ben Varian」。
ラウンジテイストの入ったムーディーなサウンドが特徴的なローファイポップ。このレトロで怪しげな雰囲気、どこかエ○スを感じます。

Spotify

Ben Varian - How To Make Coffee
https://youtu.be/-Z_QdpkQFR4







Botany「Raw Light II」

Raw Light II

オースチンを拠点にするプロデューサー「Spencer Stephenson」。
様々なサンプル、ループが緩やかに絡み合うコラージュ的な作品。サイケデリックな万華鏡のような予測のできないサウンドはしびれる。

Spotify

Botany - Janis Joplin
https://botany.bandcamp.com/track/janis-joplin







Cabbage「Young, Dumb and Full Of....」

Young, Dumb and Full Of.... [Explicit]

マンチェスター出身の5人組ネオ・ポスト・パンクバンド「Cabbage」。
初フルアルバムかな?怒ってる。これぞまさに「ロックバンド」。
音楽性もバラエティに富んでいて懐の深さも感じられる。このバンドは人気でそう。

Spotify

CABBAGE - UBER CAPITALIST DEATH TRADE
https://youtu.be/5Xw6KdAFZxU







The Courtneys「Worst Case Scenario」

II

カナダの3人組ガールズバンド「The Courtneys」。
話題を呼んだ1stから時間を空けようやくのリリース。
ガレージ、パンク、シューゲイザーの影響をキュートでキャッチーな女の子仕立てに。突っ走ってる女の子は素敵です。

Spotify

The Courtneys - Silver Velvet
https://youtu.be/Z8eDKxWBFwU







Dag「Benefits of Solitudes」

Benefits of Solitude [12 inch Analog]

メルボルンの4人組DIY/ローファイ・バンド「Dag」のデビュー・フルアルバム。
ちょっと外れた馬鹿っぽさが魅力。バイオリンが入るなど馬鹿っぽいんだけどどこかロマンチック。
コーラスも含めヴォーカルワークも素晴らしい。これは出来る馬鹿達。

Spotify

Dag - Guards Down
https://youtu.be/OPBlnnBHauw







Dominic「Goodnight, Doggies.」

Goodnight, Doggies [Analog]

Kendrick Lamarなど様々なアーティストの作品にも参加していたSSW、「Dominic Angelella」によるソロ。
MVはパンキッシュで爽快なナンバーですが基本的にな優しいポップソング集。
シンプルで素朴、人間味溢れるサウンドは暖かい気持ちに。

Spotify

Dominic - Emotional Businessman
https://youtu.be/JzCYgqyzUf4







Fog Lake「Dragonchaser」

Dragonchaser

カナダのベッドルームSSW、 Aaron Powellによるソロプロジェクト「Fog Lake」。
たばこの煙のよう。ふっと吹きかければ消えて無くなりそうなゆるりと煙たいローファイ感。この気持ちよさはヒーリングミュージックに近い。

Spotify

Fog Lake - Novocaine
https://youtu.be/XKGgYxcYYLo







Homeshake「Fresh Air」

Fresh Air

Mac DeMarconoのサポートメンバーとして活躍したモントリオールを拠点に活動する「Homeshake」。
独自のサウンドを極めてきた3作目。サイケでローファイなベッドルームミュージックとソウルが融合。
たまらない脱力感とグルーヴ、これは昇天するやつ。

Spotify

Homeshake - Every Single Thing
https://youtu.be/0aOzT11GMKM







IMYRMIND「Uniwersum Luxus」

Universum Luxus [12 inch Analog]

Glenn Astroのパートナーで鍵盤奏者「IMYRMIND」の1st。
ハウスミュージックの枠には収まりきらない多種多様の雑食サウンド。面白いやつ。
まろやかな鍵盤の音色が変態的な世界観をロマンチックに演出してて何とも言えない雰囲気に。

Spotify

IMYRMIND - Uniwersum Luxus
https://soundcloud.com/thump/sets/imyrmind-uniwersum-luxus







Izo FitzRoy「Skyline」

Skyline [12 inch Analog]

ロンドンの女性ソウル・シンガー「Izo FitzRoy」のデビュー・アルバム。プロデュースはDR RUBBER FUNK。
ソウルフルでドスの利いた最高のシンガーと、最高のブレイクビーツ職人が組んだらそりゃあ最高になるべくしてなった最高の作品。存在感のある歌声は、ただただ圧倒的。

Spotify

Izo FitzRoy - Reckoning
https://youtu.be/4YI_WMIVvPE







Juju Rogers & Bluestaeb「LIT-Lost In Translation」

LIT-Lost In Translation [12 inch Analog]

ビートメイカーのBLUESTAEBとラッパーJUJU ROGERSのコラボ作。
ジャジーでメロウなトラックと軽快でポジティブなラップ。
耳馴染みの良い曲が多く普段ヒップホップ聴かない人にも全然おすすめできます。

Spotify

JuJu Rogers - Psalm 137 (Produced by Bluestaeb)
https://youtu.be/tGFB3DD0fuE







Melanie Velarde「Parcel」

Parcel

ベルリンを拠点に活動するクリエイター「Melanie Velarde」。
フィールド・レコーディングってやつです。こういうジャンル初めて手を出したけどたまらん。
幻想的で少し不思議な世界観。目をつぶれば頭の中に眠っている色んな情景が思い浮かんでくる。なんて言ったらいいか・・・・。とりあえず聴いてみて!笑
Spotify

Melanie Velarde - Parcel
https://youtu.be/JOkshiYRLDE







Palberta「Bye Bye Berta」

Bye Bye Berta [12 inch Analog]

NYのアヴァンギャルド~ノー・ウェイヴな女の子3人組「Palberta」。
まさにジャンク。とてつもない存在感を持ったパンクスがここにいた。
強烈インパクトをもった縦横無尽なサウンドとピリピリとしたわけのわからない空気感。
なんだこれ!最高じゃん。

Spotify

Palberta - "Filling Empty / Jaws"
https://youtu.be/4kbG26hsjjE







Pigs Pigs Pigs Pigs Pigs Pigs Pigs「Feed The Rats」

Feed the Rats

ニューキャッスルを拠点にする5人組ヘヴィサイケ・バンド「Pigs Pigs Pigs Pigs Pigs Pigs Pigs」。
70年代ヘヴィメタル、Motorheadなどロックンロールの影響を受けた攻撃的でヘビーなサウンド。そしてヤバイ、完璧なバンド名。
ボーカルはレミーにそっくり。やっぱり基本はこんなバンドが好きっす。

Spotify

Pigs Pigs Pigs Pigs Pigs Pigs Pigs - Sweet Relief
https://youtu.be/2axdKPdanYM







The Proper Ornaments「Foxhole」

Foxhole

Veronica Falls、Ultimate PaintingのJames率いるロンドンの4人組インディ・バンド「The Proper Ornaments」。
哀愁のサイケポップ。別プロジェクトが忙しいからか3年ぶりの新作。
やっぱりメロディが素晴らしい。安定感ある。ジャケに何故か日本語で「たこつぼ壕」とありますが、ほんと日本人のツボをつくメロディじゃないでしょうか。

Spotify

The Proper Ornaments - 'Memories'
https://youtu.be/t_te2Al-9WI







Rebel Kind「Just For Fools」

Just For Fools

ミシガン州の女の子3人組ガレージポップバンド「Rebel Kind」の2nd。
ジャングリーなギターと疾走するセンチメンタルなメロディ、そして透き通った抜群のコーラス・ワーク。この言葉だけで「あっ、おれ好きなやつだ」と思う人も多いのでは?
間違いないっす。

Spotify

Rebel Kind - Everyone
https://youtu.be/CBUoybVRcXo







Rob Shields「Green」

Green [12 inch Analog]

グラスゴーのハウス/エレクトロニカの新鋭「Rob Shields」のデビュー作。
クリアで瑞々しい音像に乗る心地良いビート。繊細さと躍動感を兼ね備えたサウンド。
踊るもOK、聴き入るもOK。

Spotify

Rob Shields - Water
https://robshields.bandcamp.com/track/water







Tall Tall Trees「Freedays」

Freedays

NYのバンジョー野郎Mike Savinoによるプロジェクト「Tall Tall Trees」。
森に中に篭って制作したらしい作品。バンジョーをプッシュって感じよりも色んな楽器を使った実験的でスケール感のある作品。D.D Dumbo何かが近いかな。遊び心が楽しいです。

Spotify

Tall Tall Trees - Being There
https://youtu.be/pd8Rk9gNrzg







Tenderlonious「On Flute」

On Flute

ロンドン発ジャジー・ブロークンビーツの雄「Tenderlonious」。
ファンキーで変則的なドラミングとフルート。え!?フルート?
タイトルの通り全編に渡ってフルート演奏をフューチャーした作品。これが癖になるんだ。

Spotify

Tenderlonious - Ghana
https://tenderlonious.bandcamp.com/track/ghana







Vagabon「Infinite Worlds」

Infinite Worlds

カメルーン育ちのLaetitia Tamkoによるプロジェクト「Vagabon」のデビューアルバム。
ギター、シンセ、ドラムを全て演奏する彼女。しかしなんてったて歌がいい。心に直接響いてくる。1stらしい荒っぽさも良い感じですが、今後はもっと色んな人にも聴かれるビックなアーティストになるのでは?そのくらい才能を感じました。

Spotify

Vagabon - The Embers
https://youtu.be/zTo_Dsa8ijM




以上!
1つでもお気に入りを見つけてもらえたら嬉しいです。


Tags

月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR